本文へスキップ

凛心館道場は○○○○○○○○を専門とする○○○○○○○○会社です。

合氣道って?NEWS&FAQ

館長より 〜心身統一合氣道への思い〜

合気道といっても、実は数多くの「合気道」が存在しています。その中で、私たちの道場で稽古をしているのは「心身統一合氣道」です。

どんなに身体を鍛えても、心が鍛えられていなければいけません。心がゆがんでしまったら、姿勢や行動までもゆがんでしまうのです。また、「弱氣」が知らず知らずのうちに身についてしまうと、仕事でもスポーツでも本来の力を発揮できなくなってしまいます。

まさに、「心が身体を動かしている」ということです。


つまり、心を正しく鍛えることは、身体を鍛えること以上に大切なことと言えます。

このように、心身統一合氣道では心の重要性を説いています。

しかしながら、何よりもまず、目に見える姿勢を正さないことには始まりません。実際に稽古する際には、普段の姿勢からチェックをし、氣が出て、本来持ち合わせたパフォーマンスを発揮することのできる正しい「自然体」を覚えることからはじめます。

体全体のバランスを保てる姿勢を確認したうえで、心の向け方、心身共に落ち着いた状態というものを稽古していきます。

そして、日々の稽古では体操や技の中で、自然体や落ち着きを保ったまま動く力を養う稽古を行なっていきます。心身統一合氣道の動きはすべて、常に氣を前に向ける動きになっていて、氣を止めたり、引いたりする動作は一切ありません。

心身統一合氣道の稽古を通して、いつでも、どんな時でもプラスの心と自然体を保ち、家庭、仕事、スポーツなどあらゆる場面において、自己の持つ能力を十分に発揮する力を磨きだすことを目標としています。

心身統一合氣道をもっと知る

心身統一って?

 心身統一とは、心と身体が落ち着き、リラックスし、安定した状態で、どのような状況下でも自在に動くことができることを指しています。合氣道の技において、自分の姿勢が不安定では相手を導き投げることは出来ません。

相手の力を利用するのではなく、活かす

 一般的には「相手の力を利用して投げる」というイメージが強いようですが、合氣道において投げ、受けは利用し、利用される立場ではありません。心身統一合氣道ではお互いがしっかりと心を向けて稽古に取り組み、技においては「相手の力を活かし導き投げる」といいます。

心身統一の四大原則

 心を静め、安定した状態とはどういった要素が含まれているのかが書かれています。これをいつどんな時でも実践できることが私たちの稽古の目的です。

心身統一合氣道の五原則

 合氣道で相手を導き投げるときのポイントが書かれています。また、この内容は「人を導く五原則」とも言われ、心身統一合氣道を私たちの生活に活かすヒントとなります。

藤平光一先生

 心身統一合氣道は合気道の創始者植芝盛平先生の下で弟子として修業をし、唯一、創始者から十段位を允可された「藤平光一先生」が創始しました。
また、日本にヨガを伝えた中村天風先生の弟子として「心身統一」を学び、これを合氣道に大いに活かされました。

「生活の中の合氣道」である心身統一合氣道の教えを、元プロ野球選手の王貞治選手をはじめ、ホリプロの創業者である堀威夫氏など、多くの著名人たちにも伝え、各分野でご確約されている方々がいらっしゃいます。

凛心館道場の大ア健一館長は、藤平光一先生の内弟子として40年近くにわたり、直接、心身統一合氣道を学びました。